校長室より

 本校は,南に富士山の秀麗を仰ぎ,北に南アルプスの山並みを眺め,そして悠久の貢川の流れに育まれた自然豊かな甲府盆地に位置します。昭和61年の開校以来,「品位と活力」のある清新な校風の樹立をめざして教育活動に取り組み,本年度で創立36年目を迎えます。
 開校当時からの佇まいは変わらず,正門を入って,真っ先に目に止まる校舎の壁には,躍動を意味する波頭の模様が表現されています。これには,富竹中学校の生徒が生き生きと活動するようにという願いが込められています。

 本校の教育信条は,「和と創造」です。建学以来,この精神を基調に,様々な教育活動を展開してきました。創立30周年記念の際 ,この文字を刻んだ記念碑が,玄関前に建立されました。

「和」

・ 生徒には,個性を認め相手を思い遣る心,感謝の心をもち,互いに力を合わせたり,学び合い競い合ったりすることで共に成長してほしいと願っています。
・ 教職員には,互いによさを認め,支え合いながら,組織として様々な物事に取り組む「チーム学校」としての力が最大限に発揮されることを期待しています。

「創造」

・ 生徒には,「自分から進んで物事に取り組む 」「 自分の力を信じて挑戦する 」「 失敗しても 簡単に諦めない」そうした気持ちで,自らの可能性に挑戦し, 一歩一歩前進してほしいと願っています。
・ 教職員には,急激に変化する時代の中で,生徒たちに育むべき資質・能力をしっかり見極め,一人一人の「創意工夫」と「発想」を生かして教育活動を展開することを期待しています。

 新型コロナウイルスの蔓延により,学校における生活様式も大きく変化しました。 前年度は,多くの学校行事が中止せざるを得ない状況でした。まだまだ教育活動の制限は多く,諸活動の実施にあたり,生徒の安全確保は最重要課題であります。コロナ禍2年目の本年度は,前年の経験を活かし,可能な範囲での実施を試みる工夫と新たな発想による運営を心がけながら,この危機を乗り越えていきたいと思います。そして,学校教育目標「自ら学び,考え 自他を敬愛し 心身ともに健やかで 創造性豊かな生徒の育成」の達成に向けて,全職員が一つになり,頑張っていきたいと考えています。

 本年度も富竹中学校の教育活動に対して,ご理解をいただくとともに,ご支援・ご協力を賜りますようよろしくお願いいたします。

                                   校 長  菅 谷  信